考え方を変えてみよう!

初めての育児に不安も多い中、寝る間も惜しんで産後の体もボロボロ。我が子は可愛いものの心身ともに余裕がなくなり、泣きたくなる日々。きちんとしなくてはならない!自分がきちんとしなければ我が子がかわいそう!と思うばかりに自分を責めすぎてはいませんか?まずは考え方を変えてみましょう!確かに親がいないと赤ちゃんは何もできません。しかし、それに捕らわれすぎると逆にママが苦しくなってしまいます。赤ちゃんは思っているより強いです。少し気持ちを楽にして赤ちゃんと接すると心に余裕もできて自然と笑顔が出てきます。笑顔で接することが一番ですから、自分を責めすぎず、赤ちゃんと共に少しずつ成長していきましょう。

体がしんどい時は無理せず休もう!

産後の体は思ったよりも体力を消耗していて、食べることも最初はできないほどです。3時間の授乳や日々のお世話で体がしんどいな~と思った時は無理せずに休みましょう。旦那様や両親に少しの間預けて、ゆっくり睡眠するだけで随分と違ってきます。またお風呂の時間だけはゆっくりと入らせてもらうなど、自分だけの時間を作るのも気分転換になりますし、ゆっくりと湯船につかれば気持ちもリラックスします。「自分の時間」を作りましょう!

最後に家族の役割を考えよう

育児は一人ではなかなか難しい大仕事です。父親にできること、母親にできること、そして子供自身ができること、それぞれ役割があります。決して自分自身を追い詰めないで、自分一人で育児をすることはやめましょう。家族で一致団結することによって家族の絆も深まることと思います!

主婦のパートは収入金額によって、扶養になれなくなることがあるので気を付けましょう。社会保険関係では130万円、税金関係では103万円を超えると、扶養になれなくなります。