職場が近いのでとにかく楽

住込み仕事は色々な業種でありますが、基本的に職場と近い場合が多いです。特に宿の住み込みの場合は、小規模な場合に限り宿の使っていない一室を自分の部屋とすることがあります。この場合は、起床して身支度すればすぐに仕事ができることになり非常に楽です。通常であれば、仕事をする為に車や電車で職場に通うものですが、この通勤の時間が完全に省かれるというのは身体的にも精神的にも楽です。

寮費は無料もしくは激安

住込み仕事で、宿の一室を借りるという場合は家賃が無料という場合が多いですし、寮の場合も通常の賃貸物件では考えられないような寮費で済む場合がほとんどです。なぜなら寮費が高過ぎると人材が集まらないですし、あまりにも負担が大きくなってしまうからです。故に、一人暮らしをしているようなものなのにほとんど出費しないということで効率的に貯金することができます。都市部であれば一人暮らしで数万円の出費は避けられないですが、寮であれば一万円程度で済みます。

一人で生活する知恵が身に付く

住込みで仕事をして寮などで一人暮らしをする場合は、当然自炊することになり、掃除や洗濯も全て自分で行う必要があります。これらに慣れている場合は問題ありませんが、不慣れな場合でも何とか適応して頑張るしかありません。ただ、四苦八苦しながらも自力で生活しているうちに料理が上手くなったり掃除の効率が良くなったりするので成長できます。すると、しばらくすると当たり前のように料理ができるようになるので自分の為になります。

住み込みのやる気と覚悟、若さと体力さえあれば、寮の求人に応募する事は決して難しいことではありません。