独立開業のための資金はいくらぐらい必要なの?

独立開業のための資金は、安ければゼロ円で済みます。厳密に言うとパソコン代やネット回線代が必要になりますが、そうしたものが自宅にすでにあるなら新しくお金はかからないということです。いわゆるネットビジネスであれば、初期投資費用はほとんどかかりません。フランチャイズで例えばコンビニを出店するのであれば、300万円から500万円もあれば独立は可能です。他のジャンルのフランチャイズなら多少高くはなりますが、それでも自分で一から出店をするよりはずっと安価で済ませられます。

資金はどのように用意するのがいいのか

今の時代は銀行もよほどのことがないとお金を貸してはくれません。独立開業資金を借りようと思っても、審査で跳ねられてしまう可能性が高いのです。数百万円程度ならアルバイトをしてでも貯まりますから、自力で稼ぐのが一番ではないでしょうか。自力で稼いでしまえば、失敗をしたときにも借金が残ってしまうことはありません。リスクが低くなるので、安心して経営に励めます。

不動産を担保にしてお金を借りるのもあり

不動産担保融資なら、銀行もお金を貸してくれるかもしれません。不動産を担保にして融資を受けるのがこのシステムですが、この制度で借りたお金は使途を限られることがありません。何に使ってもいいとされているのです。ですから、事業資金としても使えます。最悪の場合でも不動産がなくなってしまうだけなので、自分にとっても安全ですし、銀行にとっても安全度が高くなっています。ですから、比較的お金が借りやすいわけですね。

資金や周囲のバックアップがある程度整ったら、いつまでも迷っていないで、勇気を出して独立の一歩を踏み出すことも必要です。