産業医ってそもそも何?

産業医とは会社や役所など組織に勤めている人の健康を管理する医師です。産業医になるためには国が指定する研修を受ける必要があります。近年、規制緩和やグローバリゼーションなどにより企業間の競争が激しくなったことで、うつ病などメンタルヘルスの問題で苦しむ従業員が増えています。産業医のミッションは心身の健康上の問題を抱えた社員が増えることを防ぎ、働きやすい環境を整えることです。では具体的にどのようなことを行っているのでしょう?

予防のために人事と連携する!

どんな病気であってもかからないことが一番です。産業医は企業の労務担当者と連携し、うつ病などが発生しにくい環境づくりを行っています。具体的には衛生委員会などと連携して長時間労働をしている従業員への面談を行ったり、工場など、労災のケガが発生しやすいような職場だと、ケガが起こりにくいような環境づくりをおこなったりなど、職場によって専門的知識を活かして対応します。また、病気予防の知識を従業員に身に着けてもらうために、管理職向けにメンタルヘルスの研修を行う場合もあります。

それでも従業員が病気にかかったら?

それでも従業員が病気にかかってしまった場合、産業医が主治医と連携して従業員のケアに当たります。具体的には休職者への治療方法や医師へのかかり方のアドバイスなど医師としての知識を生かした業務が主です。また、必要に応じて会社とも連携を行い、病気になった従業員が復職する際に働きやすい環境づくりをするためのアドバイスも行います。このように産業医の仕事では医学的知識だけでなくその企業の特性なども理解する必要があります。働く人の健康を守る仕事ですのでやりがいも大きいです。

産業医の募集に申し込みたいと考えている方はとても多いです。時給が高額ですから、短時間の勤務でも満足度が高くなるためです。