介護の仕事のいろいろな資格

介護の仕事には、介護職員初任者研修や介護職員実務者研修をはじめ、唯一の国家資格の介護士やケアマネージャーなどの資格があります。基本的な介護業務に変わりはありませんが、それぞれの資格に応じたキャリアも手に入れられるのが魅力と言えますよね。

介護の資格を取得するには

第一歩目となる介護職員初任者研修は、130時間のカリキュラムで最短で約1ヶ月で研修を修了することができるので、比較的容易な研修ですので仕事を始める際にはチャレンジしてみて下さい。次に実務者研修を受け、実務研修を3年積むと国家資格の介護士資格、5年でケアマネージャー資格の受験資格を得られます。

資格を取得し仕事の幅を広げられる

介護福祉士資格を取得すると介護職のプロとして認められ、自分の高い知識と技術の証明となり、介護訪問事業所で管理職に就けるほか、介護施設などではほかの介護士の指導や生活指導員として活躍が期待できるんですよ。ケアマネージャーは、さらに多くの知識が必要となりますが、取得により要介護認定の書類作成代行やケアプランの作成などどこの施設でも重要度の高い仕事に就けるので、チャレンジし広い分野での活躍を目指してみてください。

合格にはそれ相応の受験勉強が必須

介護士とケアマネージャーの資格取得のためには、試験に合格しなくては話になりません。そのためには、幅広い知識と技術が必要となるのでそれなりに受験勉強が必要となります。独学でも受験はできますが、実務経験やほかからの情報だけでは得られない知識のためには、自分のライフスタイルに合った通信講座や通学講座を受講するのが効率的と言えるでしょう。

転職や再就職の際にも

資格の取得によりキャリアを手に入れると同時に再就職や転職にも有利になるので、実務経験を積みながらステップアップしていきましょう。

離職者の最も多い業界が介護です。介護の求人の多さはまさしく離職者に比例しています。その中でより働きやすい職場を見つけるには、合わない職場を変えることです。働きやすい職場を見つけることにつながります。