介護業界は、離職率の高い職場です!

働きがいのある仕事と考えて介護職についたにもかかわらず、離職率が16%を超えています。メリット・デメリットはありますが、介護職が自分にあっているかどうかを短期派遣で働いて試してみてから、就職を決めたらどうでしょうか?

短期派遣で、まずは働いてみよう!

介護の業界は、慢性的な人手不足で売り手市場となっていますが、他の業界と比べて離職率が高く、16%を超えています。公益財団法人「介護労働安定センター」の調査によると、介護職に就いた人の半数以上が働きがいのある仕事と考えて就職しているにもかかわらず、かなり高い率で離職しているのです。離職理由として、きつい仕事のわりに収入が少ないことを上げた人が6人に1人で、4人に1人が職場の人間関係を上げています。利用者との人間関係や職場の同僚との人間関係に悩んで離職する人が、他の業界よりも多いのが現状です。就職してから「こんなはずではなかった」と後悔しないために、短期派遣という働き方で、介護の業界や職場が自分にあっているのかを試すのも、一つの方法ではないでしょうか?

短期派遣のメリット・デメリット

短期派遣には、もちろんメリット・デメリットがあります。メリットとしては、派遣ですので時給制でサービス残業がなく、無資格でも採用があることです。そして、仕事をしながら介護の仕事が自分に合うかどうかの判断もできます。一方、デメリットとしては、派遣ですので正規の職員とほとんど同じ仕事をしていても、年収がすくなく、正規の職員に「派遣だから」と下に見られることもあるでしょう。このようなメリット・デメリットを認識したうえで、短期派遣で介護の仕事にチャレンジして、自分にあっているかどうかを判断するのも良いのではないでしょうか?

介護の求人を東京で応募するには、国家資格の取得の有無や実務経験の長さなどが厳しくチェックされることがあります。