試験のスコアで英語力アピール

英語を使った仕事をしてみたいと思ったら、上司や人事部との面談で英語を使った仕事をしてみたいと意思表明し、資格試験のスコアをアピールして英語力があることを周りに伝えましょう。英語が必要な仕事がいつやってくるかは分からないものです。常にアピールしておくことで、英語が必要になったときにアピールが功を奏し、英語力を頼りにされるチャンスが回ってくるかもしれません。

IT系の企業では英語が使われることも

IT系の企業では、日本人だけのオフィスであっても英語が必要なことがあります。というのも、コンピューター系の開発はアメリカやインドの外国がメインで、主に英語でコミュニケーションが行われているからです。最新のハードウェアやソフトウェアのマニュアルは英語で書かれており、日本語に訳されるまで待っていたら時代遅れになる可能性もあります。システムで不具合が発生し、調べて行き着いた先のバグ情報が英語でしか書かれていないことだってあります。即座に対応するためにも、英語を読むスキルだけでも身に付けておきたいところです。

外国のお客さんがお店に来ることも

飲食店やショップ店員の仕事でも英語を使う機会はあります。最近では外国人観光客や留学生が増えているので、お店にやってくる外国人と接する機会も自然と増えるはずです。もちろん、外国人の方も一生懸命日本語を使ってコミュニケーションを取ろうとしてくれますが、お店側も英語が話せるほうがお客さんも安心できるはずです。「いらっしゃいませ」や「ありがとうございました」はもちろんのこと、精算や免税に関することも英語で伝えられたら良いですよね。

英語の転職のスケジュールを立てることで、誰しもキャリアアップを考慮しながら就職活動を行うことができます。